アジア宝くじロトの種類と購入方法&買い方

ミャンマー宝くじロトの買い方購入方法と評判評価

* 最新更新日: 公開日と同じ

目次

1. ロトランドへの無料登録
2. ミャンマーロトの買い方・購入方法
3. ミャンマーロトの詳細データ
 ・ミャンマーロトの概要

ロトランドへの無料登録

ロトランドにアカウントを開設していない場合は、下記「ロトランドの無料登録方法」ページを参照の上、先にアカウント開設を行ってください。

 
≫ ロトランドの無料登録方法

ミャンマーロトの買い方・購入方法

ミャンマーロトは、18歳以上の成人であれば購入が可能ですが、現在「ロトランド」上で購入することができず、ミャンマー現地の宝くじ販売店で購入する以外に方法はありません。そのため、現地在住者以外の人たちには、日本の宝くじやロト、ナンバーズ、あるいは「世界3大ロト」を含む様々な国で取り扱っているロト宝くじにベットできる「ロトランド」を活用して遊ぶ方法をおすすめします。

 

 
≫ 世界3大ロトの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る

ミャンマーロトの詳細データ

ミャンマーロトの概要

Burmese lottery」(ビルマ宝くじ)の「Aungbalay」は、ミャンマーの公営宝くじです。ミャンマー政府財務省の国家宝くじ部門が管理する数字選択式宝くじ(ロト)で、国内の様々な店舗で抽せん券が販売されています。また、1枚1,000​MMK(約67円)、1等賞金は15億​MMK(約1億円)、2等賞金は10億​MMK(約6,700万円)となっており、抽せんは毎月行われます。
 
宝くじの歴史は、コンバウン王朝(Konbaung Dynasty)の時代に始まり、1878年の当時国を治めていたティボー・ミン(Thibaw Min)国王の時代に、フランスの宝くじを参考とした国家発行の宝くじサービスが設立されましたが、収益減少や内部抗争、宗教上の賭博規制などにより、3年後の1880年にサービスを終了したと言われています。
 
しかしその後、1938年のイギリス統治下の時代に、再び宝くじサービスが開始され、こちらが現在ミャンマーで販売されている宝くじの前身となっているようです。現在では、毎月3,000万枚以上の抽せんチケットが販売され、年間の売り上げは米ドル換算で約2,880万USD(30億円)以上に上っており、2017年3月期には史上最高額となる147億2,424万MMK(約9億8,650万円)の売り上げを記録しました。

 
≫ ロトランドの無料登録方法
 
≫ 目次に戻る
 

関連記事

  1. スウェーデン宝くじロトの買い方購入方法と評判評価

  2. コソボ宝くじロトの買い方購入方法と評判評価

  3. スイス宝くじロトの買い方購入方法と評判評価

  4. エチオピア宝くじロトの買い方購入方法と評判評価

  5. チリ宝くじロトの買い方購入方法と評判評価

  6. ギリシャ宝くじロトの買い方購入方法と評判評価

PAGE TOP