海外宝くじロトランドの賞金ランキング

ヨーロッパ宝くじの賞金&当せん確率ランキング(ジャックポット)

目次

1. ヨーロッパの宝くじ一覧表
2. 各ヨーロッパ宝くじの詳細情報
 ・スペインロト
 ・ポーランドロト
 ・ドイツロト, ドイツキノ
 ・オーストリアロト
 ・アイリッシュロト
 ・フランスロト
 ・ユーロジャックポット
 ・ユーロミリオンズ
 ・スーパーエナロット
 ・スイスロト

ヨーロッパの宝くじ一覧表

≫ 今すぐ海外ロトにチャレンジする
 

* 当せん確率の高い順番に掲載しています。


* ヨーロッパの宝くじに加えて、"パワーボール"と"メガミリオンズ"も含んでいます。



順位ロトの種類1等当せん確率推定最高賞金額推定最低保証額チケット料金抽せん日
1位エル・ゴルド
1/100,0004,000,000EUR
(約4億9,000万円)
660円~12月22日
エル・ゴルド・デ・ベラーノ
1/100,000約2億円660円~7月第1土曜日
2位エル・ニーニョ
1/100,0001,700,000GBP
(約2億4,000万円)
660円~1月6日
3位ポーランドミニロト
1/850,66870,000EUR
(約850万円)
50円~月〜日曜日
4位ドイツキノ
1/2,147,1811,000,000EUR
(約1億3,000万円)
100,000EUR
(約1,300万円)
* 130円ベットの最高額
130円~月〜日曜日
5位オーストリアロト
1/8,140,000約13億円170円~月,木曜日
6位アイリッシュロト
1/10,737,573約23億円1,400,000EUR以上
(約1億7,000万円以上)
300円~木,日曜日
7位ポーリッシュロト
(ポーランドロト)
1/13,983,816約18億円3,832,608.01EUR以上
(約4億7,000万円以上)
130円~水,金,日曜日
8位フランスロト
1/19,068,840約30億円2,000,000EUR以上
(約2億4,500万円以上)
500円~火,木,日曜日
9位サンデーロト
1/31,620,000約44億円約6億円230円~日曜日
10位ユーロジャックポット
1/95,344,200約9,000万EUR
(約120億円)
約1,000万EUR
(約13億円)
260円~土曜日
11位ユーロミリオンズ
1/116,531,800約1億9,000万EUR
(約240億円)
約1,500万EUR
(約20億円)
500円~水,土曜日
12位ドイツロト
1/139,838,160約60億円1,000,000EUR以上
(約1億2,000万円以上)
200円~木,日曜日
13位パワーボール
1/292,201,338.00約9億USD
(約1,000億円)
約4,000万USD
(約44億円)
450円~水,土曜日
14位メガミリオンズ
1/302,575,350約15億USD
(約1,600億円)
約4,000万USD
(約44億)
450円~火,金曜日
15位スーパーエナロット
1/622,610,000約230億円約1億7,000万円260円~水,金,日曜日
16位スイスロト
1/31,470,000約66億円150万CHF
(約1億8,000万円)
360円~木,日曜日

各ヨーロッパ宝くじの詳細

スペインロト


 
ヨーロッパ宝くじの中で最もジャックポット賞金を獲得しやすい宝くじが、スペインで販売されている宝くじです。スペインの宝くじには、「エルゴルド」、「エルゴルド・デ・ベラーノ」、「エルニーニョ」、「サンデーロト」の4種類がありますが、これらの中でもクリスマスの時期(12月22日)に販売される「エルゴルド」が、約5億円のジャックポット金額をもつ最もおすすめの宝くじです。とくに、驚愕の還元率70%を叩き出している点も魅力でしょう。
 
次に、7月の第1土曜日に販売される「エルゴルド・デ・ベラーノ」と、年始1月6日販売スタートの「エルニーニョ」も、世界中の宝くじの中で最も1等賞(ジャックポット)を獲得しやすい”BEST 3″宝くじに該当します。これら3つの宝くじは、3回中1回は何かしらの賞金が当たる勝率を持つので、本場スペインでも毎年お祭り騒ぎのように、抽せん日前後は盛り上がります。
 
もちろん「サンデーロト」も、最小ジャックポット金額が約6億円と非常に高い点が魅力で、スペイン時間の毎週日曜日に抽せんが行われるので、毎週のように楽しめると思います。

 
≫ 夏季エルゴルドの買い方はこちら
 
≫ 冬季エルゴルドの買い方はこちら
 
≫ エルニーニョの買い方はこちら
 
≫ サンデーロトの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

ポーランドロト


 
ポーランドには、1口約50円の「ミニロト」と、1口約130円で購入できる「ポーリッシュロト」という2種類のロト宝くじがありますが、「ミニロト」はスペイン宝くじに次ぐ世界第2位の1等当せん確率を持ち、「ポーリッシュロト」はスペイン宝くじ、ドイツキノ、オーストリアロト、アイリッシュロトに次ぐ世界第7位の1等当せん確率をほこります。
 
また、「ミニロト」の場合、毎日1回抽せんが行われているので、1週間ずっと購入し続けたとしてもわずか350円しか投資金額がかからず、最大賞金約70,000EUR(約850万円)を得られる可能性があります。一方「ポーリッシュロト」は、週に3回のチャレンジで約18億円の巨額賞金が手に入る可能性を秘めているので、億万長者になって早期リタイアを希望している人や、購入したい資産や寄付先がある人などは、こちらのロトへのチャレンジがおすすめです。

 
≫ ポーランドロトの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

ドイツロト, ドイツキノ


 
西ヨーロッパのドイツは、18世紀頃から国営のロト宝くじが存在するというロト大国で、毎年50億EUR以上の金額をロトに費やす国民性に加え、現在でも毎週約20億円以上の当せん金が払い戻されていると言われています。
 
そんなドイツロトの中でも、「6-aus-49」と「KENO」がロトランドでも人気の宝くじとなっており、「6-aus-49」はわずか200円の投資でキャリーオーバー無制限のジャックポット賞金を獲得できる数字選択式宝くじで、「KENO」は1口わずか約130円という低価格で抽せんチケットを購入できるにもかかわらず、少なくとも8つの数字に賭けている限り、何も当たらなくても勝ててしまうという100%勝利宝くじとなっています。

 
≫ ドイツロトの買い方はこちら
 
≫ ドイツキノの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

オーストリアロト


 
オーストリアのロト宝くじ「6aus45」は、ジャックポット当せん確率がわずか約1/800万、最大賞金額は約13億円、何かしらの賞金に当せんする確率が1/12となっており、「ジャックポット当せん確率」と「賞金当せん確率」の2つの側面を総合的に考えると、かなりオススメできるロト宝くじと言えます。とくに、日本の宝くじと比較して1等賞金と1等当せん確率がかなり高い点は注目です。

 
≫ オーストリアロトの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

アイリッシュロト


 
アイリッシュロト」は、オーストリアの「6aus45」に次いで、ジャックポット当せん確率が約1/1,000万と高く、賞金当せん確率が1/29と何かしらの賞金に当せんする確率が高いロト宝くじです。無制限キャリーオーバーのロト宝くじとなっており、歴代過去最高額のジャックポットは約23億円で、こちらは16人のグループによる購入だったようです。また、個人の高額当選では、約20億円を当てたビッグウィナーが知られています。

 
≫ アイリッシュロトの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

フランスロト


 
フランスロト」(フレンチロト)は、ヨーロッパの美しい大国・フランスで毎週3回抽せんが行われる国営のロト宝くじで、何かしらの賞金にあたる確率が1/6という圧倒的な当せん確率を持ちます。2011年に約30億円を当てた1人のビッグウィナーが誕生した例が歴代最高額となっており、次いで2019年には、1等約25億円が2回も出現したそうです。

 
≫ フランスロトの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

ユーロジャックポット


 
ユーロジャックポット」(Euro Jackpot)は、イギリスやヨーロッパ各国で最も人気が高くメジャーな数字選択式ロト宝くじで、ユーロミリオンズと並び絶大な人気と規模をほこるヨーロッパ全域の2大ロト宝くじの1つです。わずか260円の投資で、1等の最低ジャックポット賞金額が1,000万EUR(約13億円)と保証されており、キャリーオーバーにより最高ジャックポット金額9,000万EUR(約120億円)のスーパービッグウィンを獲得できる可能性があります。
 
過去に最高ジャックポット賞金額9,000万EURに当せんした実例としては、2018年6月1日にロトランドでイギリス人に9,000万EUR(約7,900万GBP/約115億円)の賞金が支払われた実績があり、そのほか2014年にフィンランドで約73億円、2015年5月にチェコで約108億円、2016年10月にドイツ、そして2017年1月に5人のチケット購入者にジャックポット賞金が分配された記録が残っているようです。

 
≫ ユーロジャックポットの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

ユーロミリオンズ


 
ユーロミリオンズ」(Euro Millions)は、2004年2月にフランスの「La Française des jeux」が販売をスタートした、ヨーロッパで最大規模かつ最も人気が高い数字選択式宝くじで、「パワーボール」、「メガミリオンズ」と並び世界3大ロト宝くじの1つとされています。
 
これまでに累計数百万人を超える人々に賞金を還元し、1,700万EUR~1億9,000万EUR以上のビッグウィナーを輩出したことで知られており、2005年7月アイルランド人が1億1,500万EURを獲得、2007年2月ベルギーで1億EUR、同年8月にはイギリスのスコットランドで3,540万GBP(イギリスポンド)獲得者が出現、その他にも2008年9月にイギリスの18歳女子高校生が700万GBPを獲得、2012年8月と2015年6月にも同じイギリスでそれぞれ約1億4,800万GBP約9,338万GBPの当せん者が現れました。
 
賞金獲得者の多くはイギリスで誕生しており、これまでの最高賞金額も2019年にイギリスから出た約233億円が記録されています。ジャックポットの歴代”Best 3″が、200億円以上の高額ラインナップである点もは嬉しいポイントでしょう。ジャックポット賞金の当せん確率に関しては、「ユーロミリオンズ」は”1/1億1,700万“、「ユーロジャックポット」が”1/9,500万“となっているので、賞金の高さよりも勝率の高さを優先したい場合は、「ユーロジャックポット」を選択した方が良いかもしれません。

 
≫ ユーロミリオンズの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

スーパーエナロット


 
スーパーエナロット」(Super Enalotto)は、ヨーロッパのイタリアで毎週3回開催される国営の国民的ロト宝くじです。1997年に販売がスタートし、国内では「ユーロミリオンズ」や「ユーロジャックポット」と並ぶ人気の数字選択式宝くじとなっています。
 
過去のジャックポット賞金額では、2010年10月に出た1億7,700万EUR(約230億円)が最高記録となっており、これまでヨーロッパのロトくじで当せんした過去最大級の賞金額となっているようですが、賞金はグループ購入者の70名で分配されています。一方、2等賞金は50万EUR(約6,600万円)が出た回があります。また、何かしらの賞金に当せんする確率は1/20となっています。

 
≫ スーパーエナロットの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

スイスロト


 
スイスロト」は、ヨーロッパで最も裕福な永世中立国・スイスで毎週2回抽せんが行われる国営のロト宝くじです。最低ジャックポット金額は150万CHF(約1億8,000万円)に設定されており、これまでの最高額ジャックポットは2016年の約76億円、2014年の約54億円、2010年の約40億円と続きます。また、現在までに600人以上の億万長者を生み出してきた実績があり、2018年には22名が1億円以上の当せん金獲得者を、じつに22人も輩出しています。

 
≫ スイスロトの買い方はこちら
 
≫ 目次に戻る
 

関連記事

  1. パワーボール&メガミリオンズ当せん者賞金ランキング

  2. 海外宝くじロトの高額当せん賞金ランキング2021(ロトランド)

  3. 海外宝くじロトの最高額賞金獲得者ランキング2019(ロトランド)

PAGE TOP